457 Kitaibaraki JC Since 1970

第47代理事長 菊池 彰

【 はじめに 】
一人の人間として青年として Jaycee として、あなたの中に炎はやどっていますか?
基本理念である『明るい豊かな社会』の実現を目指して、青年会議所メンバーは、家族を愛し養うために仕事にうちこみ、家族や職場の理解を得て、「JC 活動」を行っている事と思います。今という時間は決して戻らない貴重な時間です。その時間を大切にして、価値のある物にしていただきたいと思います。
私は物事に取り組むにあたり強い信念があります。それは、地域の皆様に「ありがとう」と言われる為に、全ての事に全力で挑み、熱い心を持ち何ができるのかを考え行動する事です。メンバーの皆様にも一年間同じ熱い気持ちを持ち、組織の目指すべき方向を明確にしながら、一人ひとりがうちなる炎を燃やし思い切って行動してもらいたいと考えております。

【 会員拡大の重要性 】
メンバー全員が、それぞれの役割に責任と自覚をもって行動することが大変重要となる中、志を同じくする仲間を増やす事が急務です。その為には、熱い思いをメンバー全員が共有し、一丸となり会員拡大を推し進め、理想に燃える組織作りをおこなう事が重要になります。
知り合う事から始め、相手を尊重しメンバーとしてこころよく迎え入れましょう。かけがえのない地元の仲間と、JC でしか出来ないまちづくりを通して友情を育み、自分一人では考え付かない多くの気付き学びを得て、共に成長していきましょう。

【 地域を元気にするまちづくりと新世代(みらい)を担う子供たちの健全育成 】
我々、青年経済人の団体である北茨城青年会議所が、愛すべき地域の為に何ができるのかを十分議論し、地域を元気にするまちづくりと子供たちの健全育成事業を率先しておこないます。いばらき JC 宣言文の一節に『新世代(みらい)を担う者たちが光り輝き』とあります。子供たち一人ひとりが、様々な実体験を通して心を豊かに育み、技術をみがき、体力をつくり、しなやかに育つような成長を促す事業を行います。「JC の例会に参加して、良かった」と、子供たちに思ってもらえるように、全力で取り組みます。

【 他団体との積極的な交流 】
青年会議所の三信条「奉仕」「修練」「友情」を確立する事で、他団体との積極的な交流が出来ます。交流の場をつくり、そこで何か新しい事業が立ち上がれば素晴らしい事ではありませんか。夢と希望溢れる明るい豊かな郷土北茨城を目指し、協力体制を強固なものにしていきましょう。

【 むすびに 】
今年度は LOM のスローガンを『果断剛毅(ごうきかだん)~うちなる炎を燃やすとき確信を持って行動せよ~』と掲げました。「果断剛毅(ごうきかだん)」とはメンバー一人ひとりが熱い思いで意志をしっかりと持ち、青年らしく枠にとらわれずに思い切って行動することです。
愛すべきふるさと北茨城を活性化させる事業を展開するべく、メンバー一丸となり邁進していきます。
会員の皆様及びシニアクラブの皆様に於かれましては、ご理解ご協力の程、切にお願い申し上げます。一年間どうか宜しくお願い致します。

基本方針
・会員拡大の強化と理想に燃える組織づくり
・地域を元気にするまちづくりと新世代(みらい)を担う子供たちの健全育成
・他団体との積極的な交流の推進
・組織運営の効率化とすぐに決断して行動に移せる体制の強化

【 2017 年度 一般社団法人北茨城青年会議所スローガン 】
「果断剛毅(ごうきかだん)」~うちなる炎を燃やすとき確信を持って行動せよ~